1. ホーム
  2. メンズ
  3. バッグ
  4. Maison Margiela Crossbody Zip Bag
Maison Margiela Crossbody Zip Bag

商品説明

★ブランド:Maison Margiela

★SIZE : 幅 17.0  高さ 10.0  マチ 4.5

★素材:ポリウレタン

★色:WHITE

★未使用

入荷当初よりキバミ(写真8枚目参照)がございます事
予めご理解ご了承下さい。









商品情報

カテゴリ メンズ
› バッグ
› ショルダーバッグ
サイズ なし
ブランド Maison Martin Margiela
商品の状態 未使用に近い
配送料の負担 送料込
配送方法 かんたんラクマパック(ヤマト運輸)
発送日の目安 支払い後、1~2日で発送
発送元の地域 京都府

Maison Margiela Crossbody Zip Bag

Maison Margiela Crossbody Zip Bag

(ほぼ新品)テーラーメイド M2 ドライバー 2019 10.5度 フジクラプロ Patagonia ダウンジャケット

原文はこちら:コンバース チャックテイラー CT70 スウェード

全パートはこちら

  • 非同期APIに依存し続けます。非同期APIは同期APIとの統合が難しく、同じI/O操作の2つの表現という分断された世界を作り出し、トラブルシューティング、監視、デバッグ、プロファイリングの目的でプラットフォームが状況に応じて使用できる、一連の操作に対する統一した概念を提供しません。
  • Java言語に構文的なスタックレス・コルーチン(すなわちasync/await)を追加することです。これらはユーザモードスレッドよりも実装が簡単で、一連の操作の状況を表す統一的な構造を提供するでしょう。しかし、この構成は新しく、スレッドとは別物で、多くの点でスレッドと似ていますが、ニュアンス的には異なるものです。スレッド用に設計されたAPIとコルーチン用に設計されたAPIの間で世界を二分し、プラットフォームとそのツールのすべてのレイヤーに新しいスレッドのような構造を導入する必要があるのです。これは、エコシステムが採用するのに時間がかかり、ユーザーモードのスレッドのようにエレガントでプラットフォームと調和したものにはならないでしょう。 構文的コルーチンを採用しているほとんどの言語は、ユーザーモードスレッドを実装できない(例:Kotlin)、従来のセマンティックの保証(例:本質的にシングルスレッドなJavaScript)、または言語固有の技術的制約(例:C++)のためにそうしてきました。これらの制約は、Javaには当てはまりません。
  • java.lang.Threadとは関係なく、ユーザモードのスレッドを表す新しいパブリッククラスを導入します。これは、Threadクラスが25年以上にわたって蓄積してきた不要なお荷物を捨てる機会になるでしょう。私たちは、このアプローチのいくつかのバリエーションを検討し、プロトタイプを作成しましたが、どの場合も、既存のコードをどのように実行するかという問題に直面することになりました。主な問題は、既存のコードで Thread.currentThread() が直接的または間接的に広く使用されていることです(例えば、ロック所有権の決定やスレッドローカル変数など)。このメソッドは、現在の実行スレッドを表すオブジェクトを返さなければなりません。もしユーザモードスレッドを表す新しいクラスを導入した場合、 currentThread() は Thread のように見えるがユーザモードスレッドオブジェクトに委ねるある種のラッパーオブジェクトを返さなければならないでしょう。現在の実行スレッドを表すオブジェクトが2つあると混乱するので、結局、古いThread APIを維持することは大きなハードルではないと判断しました。currentThread()などの一部のメソッドを除いて、開発者がThread APIを直接使うことはほとんどなく、ExecutorServiceなどの上位のAPIを使ってやり取りすることがほとんどです。Thread クラスや、ThreadGroup などの関連クラスから、不要なメソッドを非推奨にしたり削除したりすることで、時間をかけて不要な荷物を取り除いていく予定です。
  • 既存のテストは、私たちがここで提案する変更が、多数の構成と実行モードにおいて、予期せぬ回帰を引き起こさないことを保証するものです。
  • 私たちは jtreg テストツールを拡張し、既存のテストを仮想スレッドのコンテキストで実行できるようにする予定です。これにより、多くのテストで2つのバージョンを用意する必要がなくなります。
  • 新しいテストでは、すべての新しいAPIと改良されたAPI、および仮想スレッドをサポートするために変更されたすべての領域を検証します。
  • 新しい負荷テストは、信頼性と性能に重要な領域を対象とします。
  • 新しいマイクロベンチマークは、パフォーマンスが重要な部分をターゲットにします。
  • Helidon や Jetty などの既存のサーバーを大規模なテストに使用します。

本提案の主なリスクは、既存のAPIやその実装の変更に伴う互換性の問題です。

  • java.io.BufferedInputStream, BufferedOutputStream, BufferedReader, BufferedWriter, PrintStream, および PrintWriter クラスで使用される内部の(および文書化されていない)ロックプロトコルの改訂は、入出力メソッドが呼び出されたストリーム上で同期することを想定しているコードに影響を与えるかもしれません。この変更は、これらのクラスを継承し、スーパークラスによるロックを前提としているコードには影響を与えません。また、java.io.Reader または java.io.Writer を継承し、それらの API によって公開されるロック・オブジェクトを使用するコードにも影響しません。
  • java.lang.ThreadGroup は、スレッドグループを破棄できなくなりました。また、デーモンスレッドグループの概念をサポートしなくなり、その suspend(), resume(), stop() メソッドは常に例外をスローするようになりました。
  • Thread.setPriority(int) メソッドは、常に Thread.NORM_PRIORITY の優先度を持つ仮想スレッドには効果がありません。
  • Thread.setDaemon(boolean) メソッドは、常にデーモンスレッドである仮想スレッドに対して何の効果もありません。
  • Thread.stop()、suspend()、resume()メソッドは、仮想スレッド上で起動されるとUnsupportedOperationExceptionをスローします。
  • Thread API は、スレッドローカル変数をサポートしないスレッドの作成をサポートします。 ThreadLocal.set(T) および Thread.setContextClassLoader(ClassLoader) は、スレッドローカルをサポートしないスレッドのコンテキストで起動すると、UnsupportedOperationException をスローします。
  • Thread.getAllStackTraces() は、すべてのスレッドの Map ではなく、すべてのプラットフォームス レッドの Map を返すようになりました。
  • java.net.Socket, ServerSocket, DatagramSocket によって定義されたブロッキング I/O メソッドは、仮想スレッドのコンテキストで呼び出された場合、割り込み可能になりました。ソケット操作でブロックされているスレッドが割り込まれた場合、既存のコードが壊れる可能性がありました。この場合、スレッドを起動し、ソケットをクローズします。
  • 仮想スレッドは ThreadGroup のアクティブなメンバではありません。仮想スレッドで Thread.getThreadGroup() を呼び出すと、空のダミー "VirtualThreads" グループが返されます。
  • SecurityManagerが設定された状態で実行されている場合、仮想スレッドには権限はありません。
  • JVM TIでは、GetAllThreadsおよびGetAllStackTraces関数は、仮想スレッドを返しません。ThreadStartイベントとThreadEndイベントが有効な既存のエージェントは、イベントをプラットフォームスレッドに制限する機能がないため、パフォーマンスの問題が発生することも考えられます。
  • java.lang.management.ThreadMXBean APIは、プラットフォームスレッドの監視と管理をサポートしますが、仮想スレッドはサポートしません。
  • -XX:+PreserveFramePointerフラグは、仮想スレッドのパフォーマンスに重大な悪影響を及ぼします。
  • JDK 18のJEP 416 (Reimplement Core Reflection with Method Handles)では、VM-native Reflectionの実装が削除されました。これにより、メソッドがリフレクションで呼び出されたときに、仮想スレッドがうまく一時停止するようになりました。
  • JDK 13 の JEP 353 (Reimplement the Legacy Socket API) と JDK 15 の JEP 373 (Reimplement the Legacy DatagramSocket API) は、java.net.Socket、ServerSocket、DatagramSocket の実装を仮想スレッドでの使用に向けて設計した新しい実装と置き換えたものです。
  • JDK 18 の JEP 418 (Internet-Address Resolution SPI) は、ホスト名とアドレス探索のためのサービスプロバイダインターフェースを定義しました。これにより、サードパーティーライブラリーは、ホスト探索中にスレッドを固定化しない代替の java.net.InetAddress 解決手段を実装できます。

Maison Margiela Crossbody Zip Bag

HIRO様専用ページ LUMIX G GH5 本体 gh4

原文はこちら:ドゥーズィエムクラス 新品 アメリカーナ レギンス

全パートはこちら

残りの章では、Javaプラットフォームとその実装において、私たちが提案する変更点について詳しく説明します。

java.lang.Thread APIを以下のように更新します。

  • Thread.Builder, Thread.ofVirtual(), Thread.ofPlatform() は,仮想スレッドとプラットフォームスレッドを生成するための新しいAPIです.例えば
  • Thread.startVirtualThread(Runnable) は、仮想スレッドを作成し、起動する便利な方法です。
  • Thread.Builder は、スレッドまたは ThreadFactory を作成し、同一のプロパティを持つ複数のスレッドを作成できます。
  • Thread.isVirtual() は、スレッドが仮想スレッドであるかどうかを判定します。
  • Thread.join と Thread.sleep の新しいオーバーロードは、待ち時間とスリープ時間を java.time.Duration のインスタンスとして受け取ります。
  • 新しい final メソッド Thread.threadId() は、スレッドの識別子を返します。既存の non-final メソッド Thread.getId() は、現在非推奨です。
  • Thread.getAllStackTraces() は、すべてのスレッドではなく、すべてのプラットフォームスレッドのマップを返すようになりました。

仮想スレッドとプラットフォームスレッドの主なAPIの違いは以下のとおりです。

  • パブリックスレッドコンストラクタは、仮想スレッドを作成できません。
  • 仮想スレッドは常にデーモンスレッドです。Thread.setDaemon(boolean) メソッドは、仮想スレッドを非デーモンスレッドに変更できません。
  • 仮想スレッドは Thread.NORM_PRIORITY という固定の優先度を持ちます。Thread.setPriority(int) メソッドは、仮想スレッドに影響を与えません。この制限は、将来のリリースで再検討される可能性があります。
  • 仮想スレッドは、スレッドグループのアクティブなメンバーではありません。仮想スレッド上で呼び出されると、Thread.getThreadGroup() は "VirtualThreads" という名前のプレースホルダ・スレッド・グループを返します。Thread.Builder APIは、仮想スレッドのスレッドグループを設定するメソッドを定義していません。
  • 仮想スレッドは、SecurityManager が設定された状態で実行されている場合、パーミッションを持ちません。
  • 仮想スレッドは、stop()、suspend()、resume()メソッドをサポートしません。これらのメソッドは、仮想スレッド上で呼び出されると例外をスローします。

さらに:

  • Thread.Builder API は、スレッド作成時にスレッドロカールを無効にするメソッドを定義しています。また、継承可能なスレッドローカルの初期値を継承しないようにするためのメソッドも定義しています。スレッドロカールをサポートしないスレッドから呼び出された場合、 ThreadLocal.get() は初期値を返し、 ThreadLocal.set(T) は例外をスローします。
  • 従来のコンテキスト・クラスローダーは、継承可能なスレッドローカルのように動作するように指定されています。Thread.setContextClassLoader(ClassLoader) がスレッドローカルをサポートしないスレッドで実行された場合、例外がスローされます。

スコープローカル変数は、スレッドローカルの代わりとして、より良い使用例であることが証明されるかもしれません。

さらに:

  • Executors.newThreadPerTaskExecutor(ThreadFactory) および Executors.newVirtualThreadPerTaskExecutor() は、タスクごとに新しいスレッドを生成する ExecutorService を作成します。これらのメソッドにより、スレッドプールやExecutorServiceを使用する既存のコードとの移行や相互運用が可能になります。
  • ExecutorService が AutoCloseable を継承するようになったため、例に書いたように try-with-resource 構造でこの API を使用できるようになりました。
  • Futureは、完了したタスクの結果または例外を取得するメソッドと、タスクの状態を取得するメソッドを定義するようになりました。これらの追加を組み合わせると、Futureオブジェクトをストリームの要素として使うことが容易になります。Futureのストリームをフィルタリングして完了したタスクを見つけ、それをマッピングして結果のストリームを取得できます。これらのメソッドは、構造化された並行処理のために提案されたAPI追加に対しても有用です。

固定化を防ぐために、現在では以下のような実装になっています。

  • BufferedInputStream, BufferedOutputStream, BufferedReader, BufferedWriter, PrintStream, PrintWriter は、直接使用する場合、モニターではなく、明示的なロックを使用するようになりました。これらのクラスは、サブクラス化されると従来どおり同期化されます。
  • InputStreamReader および OutputStreamWriter によって使用されるストリーム・デコーダおよびエンコーダは、InputStreamReader または OutputStreamWriter が包含するものと同じロックを使用するようになりました。

さらに進んで、しばしば必要とされるロックをすべて排除することは、このJEPの範囲を超えています。

JNIは、オブジェクトが仮想スレッドであるかどうかをテストするための新しい関数、IsVirtualThreadを1つ定義しています。

それ以外のJNI仕様は変更されていません。

JVM TIのアップデートは

  • jthread(すなわち、ThreadオブジェクトへのJNI参照)で呼び出されるほとんどの関数は、仮想スレッドへの参照で呼び出せます。少数の関数、すなわちPopFrame、ForceEarlyReturn、StopThread、AgentStartFunction、およびGetThreadCpuTimeは、仮想スレッドではサポートされていません。SetLocal* 関数は、ブレークポイントまたはシングルステップのイベントで中断された仮想スレッドの最上位フレームにローカル変数を設定する場合に限定されます。
  • GetAllThreads および GetAllStackTraces 関数は、すべてのスレッドではなく、すべてのプラットフォームスレッドを返すように指定されるようになりました。
  • 初期の VM スタートアップ中またはヒープ反復中に通知されるものを除いて、すべてのイベントは、仮想スレッドのコンテキストで呼び出されるイベントコールバックを持てるようになりました。
  • 中断/再開の実装により、デバッガによる仮想スレッドの中断と再開が可能になり、仮想スレッドがマウントされたときにプラットフォームスレッドを中断できるようになりました。
  • 新しい機能である can_support_virtual_threads は、エージェントが仮想スレッドの開始と終了のイベントをより細かく制御できるようにします。
  • 新しい関数は仮想スレッドの一括停止と再開をサポートします。これらは can_support_virtual_threads 機能を必要とします。

JDWPのアップデートは

  • 新しいコマンドにより、デバッガはスレッドが仮想スレッドであるかどうかを確認できるようになりました。
  • EventRequestコマンドの新しい識別子により、デバッガはスレッドの開始と終了イベントをプラットフォームスレッドに制限できるようになりました。

JDIのアップデートは

  • com.sun.jdi.ThreadReference の新しいメソッドは、スレッドが仮想スレッドであるかどうかを検査します。
  • com.sun.jdi.request.ThreadStartRequest および com.sun.jdi.request.ThreadDeathRequest の新しいメソッドは、リクエストに対して発生するイベントをプラットフォームスレッドに制限しています。

JFRは、いくつかの新しいイベントにより、仮想スレッドをサポートします。

  • jdk.VirtualThreadStart および jdk.VirtualThreadEnd は、仮想スレッドの開始と終了を示します。これらのイベントはデフォルトで無効化されています。
  • jdk.VirtualThreadPinned は、仮想スレッドが固定化されたまま、つまりそのプラットフォームスレッドを解放せずに一時停止したことを示します(説明を参照してください)。このイベントはデフォルトで有効になっており、閾値は 20 ミリ秒です。
  • jdk.VirtualThreadSubmitFailed は、仮想スレッドの起動または一時停止に失敗したことを示し、リソースの問題が原因である可能性があります。このイベントはデフォルトで有効になっています。

java.lang.management.ThreadMXBean は、プラットフォーム・スレッドの監視および管理のみをサポートします。

ThreadGroupのAPIと実装は、現在ではほとんど無関係であることに加え、いくつかの重大な問題を抱えています。

  • スレッドグループを破棄するための API とメカニズムに不備があります。
  • API は、グループ内のすべての生きているスレッドへの参照を持つことを実装に要求します。これは、スレッド生成、スレッド開始、スレッド終了に同期と競合のオーバーヘッドを追加します。
  • APIは本質的に厳しいenumerate()メソッドを定義しています。
  • API は suspend(), resume(), stop() メソッドを定義していますが、これらは本質的にデッドロックを起こしやすく、安全ではありません。

ThreadGroupは、以下のように指定され、非推奨となり、その地位を低下させられました。

  • スレッドグループを明示的に破棄する機能が削除されました。最終的に非推奨となる destroy() メソッドは何もしません。
  • デーモンスレッドグループの概念が削除されました。最終的に非推奨となる setDaemon(boolean) および isDaemon() メソッドによって設定および取得されるデーモンの状態は無視されます。
  • 実装は、もはやサブグループへの強い参照を保持しません。スレッドグループは、グループ内に生きているスレッドがなく、他にスレッドグループを生かしているものがない場合、ガベージコレクトされる対象になります。
  • 最終的に非推奨となる suspend()、resume()、stop() メソッドは、常に例外を投げます。

Maison Margiela Crossbody Zip Bag

NEO GEO 餓狼伝説3

原文はこちら:アトリエシックス 白 ボンバーパーカー

全パートはこちら

Maison Margiela Crossbody Zip Bag

  • 仮想スレッドでは、キャリアの身元は不明です。Thread.currentThread() が返す値は、常に仮想スレッド自身である。
  • キャリアと仮想スレッドのスタックトレースは別々です。仮想スレッドでスローされた例外は、キャリアのスタックフレームを含みません。スレッドダンプでは、仮想スレッドのスタックにキャリアのスタックフレームは表示されず、その逆もまた同様です。
  • キャリアのスレッドローカル変数は仮想スレッドでは使用できません。その逆もまた同様です。

訳注、マウント:取り付けること、アンマウント:取り外すこと

仮想スレッドがキャリアに固定されているため、ブロッキング操作中にアンマウントできない状況は、2つあります。

  1. synchronizedブロックや メソッド内のコードを実行する場合
  2. ネイティブメソッドまたは外部関数を実行する場合
  • JDK Flight Recorder (JFR) イベントは、固定化中にスレッドがブロックされると発行されます (JDK Flight Recorder を参照)。
  • システムプロパティ jdk.tracePinnedThreads は、スレッドが固定化された状態でブロックされるとスタックトレースを開始します。-Djdk.tracePinnedThreads=full を指定して実行すると、固定化中にスレッドがブロックされたときに、ネイティブフレームとモニタを保持するフレームをハイライトした完全なスタックトレースが出力されます。-Djdk.tracePinnedThreads=short で実行すると、問題のあるフレームのみの出力に制限されます。

引用をストックしました

引用するにはまずログインしてください

引用をストックできませんでした。再度お試しください

限定公開記事のため引用できません。